アジスロマイシン 個人輸入

おすすめのアジスロマイシンはこちら




アジスロマイシン購入にベストケンコーをおすすめする理由



《ベストケンコーをお勧めする理由》

薬剤師による成分検査が行われているので常に正規品のみ扱うことができる

薬の質問に関する回答は薬剤師が答えてくれる

病院や医者が購入するほど信頼が厚い個人輸入代理店

送料無料

購入金額に応じてポイントがもらえる


例)アジ1箱3100円を購入した場合

購入金額の1%がポイントとして還元されるので31円(1ポイント=1円)が次回購入時に値引きとして使用できる

アジスロマイシンの効果

《クラミジアに効果があるアジスロマイシン》


クラミジアは尿道、子宮頚管、咽頭(のど)などに感染します。

中でも有名なのが性器に感染した性器クラミジア感染症でしょう。


性器クラミジア感染症の症状は男性の場合は尿道炎と精巣上体炎をおこします。

女性では子宮頚管炎と骨盤内炎症性疾患を発症します。


女性の場合は、クラミジア感染が起こっていても炎症が無症状のままで進行し不妊症の原因となりますので非常に注意しなければなりません。


男性の場合も女性の場合も、特に症状を感じることなく検査をしてみたらクラミジアだったとわかる場合が多いようです。


クラミジアの治療はこれまでは最低7日間は抗生剤を飲み薬を続けていましたが、アジスロマイシンなら、1日1000mg(一日4錠)の一回内服だけで治療が終わります。。

アジスロマイシンが副作用が少ないお薬ということもあり、一度感染した方が、予防のために1年に1度飲むようにしている。

常備薬として持っておきたいという方が個人輸入で購入する方には多いです。(購入レビューより)


《尿道炎に効果があるアジスロマイシン》


おしっこをすると痛い・しみるなどの症状、 尿道口が赤く腫れる・ただれる ウミが出るなどの症状が出たら尿道炎の疑いがあります。

これも、クラミジアなどのウィルスが原因で起こることが多く、さまざまなウィルスに効果のあるアジスロマイシンが1回の服用で終わるということもあり処方されます。


《マイコプラズマに効果があるアジスロマイシン》


長引くひどい咳の症状が出るマイコプラズマと言えばアジスロマイシンが処方されるほど特効薬的に効きます。

しかし、最近では、アジスロマイシンを頻発服用したことで耐性が懸念され、必ずしもアジスロマイシンを処方するとは限らなくなっていますが、非常に効果的にマイコプラズマに効くお薬です。

アジスロマイシン抗生剤の特徴


アジスロマイシンは、アレルギーを起こすことも少なく、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人にも使える比較的副作用の少ないお薬です。


アジスロマインシンは、いろいろな細菌に有効なので特にマイコプラズマ(呼吸器系)・クラミジア・淋菌(性病)や副鼻腔炎(耳鼻科系)や尿道炎(泌尿器科)さらに歯肉炎(歯科)など幅広く使われさらに、のどの痛みや発熱をともなう風邪にも頻繁に処方されます。


病気の発症は、さまざまなウィルスが人の体に侵入し悪さをすることで人間に備わっている免疫がウィルスと戦い腫れや発赤、痛みや発熱などが生じます。

多種に渡って抗ウィルス効果のあるにアジスロマイシンを服用することで体内に入ってきたウィルスを死滅させることができ、結果痛み・かゆみ・発熱の原因を取り除くことができるのです。


さらに、アジスロマイシンの人気の理由は、作用時間が非常に長い抗生物質なため服用期間が短いことです。(服用期間が短いと肝臓にかかる負担が少ないから)

アジスロマイシンを1日1回3日間服用と通常の抗生剤1日1回3日間の服用を7〜14日間使用したのと同等の効果が得られます。

アジスロマイシンの副作用


副作用が少ない抗生剤ですが、購入レビューでも多いのが下痢の症状のようです。

ただ、下痢も服用中の一時的なものです。

さらに吐き気や胃痛などの胃腸症状も現れます。


アジスロマイシンが服用期間が短い抗生剤なので、服用期間だけお腹がゆるくなる場合があると思っておくと良いでしょう。


まれですが、重篤な副作用として不整脈や動機、口内のただれなど重い皮膚炎などがあります。

マクロライド系抗生物質とは?

アジスロマイシンはマクロライド系の抗生物質ですが、マクロライド系とは何でしょうか?


通常のお薬は、服用後腸から九吸収され血液中に入り病気を起こしている部分にたどりつき効果を発揮します。

血液を使って移動するため、投与した薬物の血液中の濃度が高くなり、その分副作用のリスクが高くなるのですが、マクロライド系の抗生物質は血中濃度が高くなりにくいことから

副作用の出にくい比較的安全な抗生物質とされています。


又、マクロライド系の抗生物質は、抗菌薬投与している間のみ最近が増えるのを抑える静菌作用の抗生物質のため服用をやめるとまた菌が増殖してしまいます。

そしてその菌は耐性(抗生物質より強くなってしまうこと)をもつと危険ですので、服用を始めた抗生物質は菌が死滅するまできっちり飲みきることが大事です。

送料無料《アジスロマイシン 個人輸入》病院処方より格安の抗生剤メニュー

送料無料《アジスロマイシン 個人輸入》病院処方より格安の抗生剤リンク